<1892>「器官と遅れ」

 身体はさらにその形、

 その相へ、似てくるようで、

 私は声を掛け、、

 ひとつここへ浮かべ、、静かに垂れて、、

 お前はここへいて、回転しろ、と次々にひらく、、

 ひらいたら揺らいだままになる、、

 なに、粒、粒、なに、

 じてんじてん、妙に、、

 はたしてはたして、

 後は列になり、、

 今この声の鎖となってただ単純に繋がってのびてゆきます、

 見えるのか、見えないのか、、

 あたしは、ひとりで知らないままでも知るのでもなく、、

 ただ青い映像のなかにじわじわと浮かぶ、

 数えて並ぶ、、

 ははは、あたしから来た、、

 波も、

 ささやきも、、

 大層な物事には見えず、、

 そこでかたまっている、

 そこでじたりと浮いてただ軽やか、、

 基底も、

 泡も、

 いまに居、、ふらふらとうかがえ、、

 身体が跳ねるなら、

 そこへそこへ誘う、、

 あたしはまだ液、まだ液と言い、、

 ある速度を持って入ったものが、、

 器官でつかまり

 からまれ、、

 どこからも存在の粘りが絡まってくるようになる、、

 ここで初めて遅くなり、

 遅くなって初めて生まれることができる、、

 生まれることが出来れば、

 ことあるごとに爆発出来る、、

 爆発出来れば始まりになる、、

 あたしはそれがただ一点だとはおもわない、、

 開始の一点だとはおもえなく、、

 ただぼうやりとした液の、、

 その存在の粘りで遅くなりはじめるところに、、

 あたしが居たらしい、、

 

 なにを歌う?

 そこでなにを歌うか、、

 あたしにはまともにきこえてはいないけれども、、

 ただ振、振り、しびれ、

 いたずらに動く、、

 あくまでも増えようとする、

 あくまでも死んで去ろうとする、、

 その場に、、

 まったく液で居られ、、

 はたしは誰のことか、

 その裏に思い出し、、

 静かに浸透するのを待っている、、

 あたしには見えないけれども、、

 ただもうまいて、息をつき、まいていようとおもう・・・