<2107>「種に還る声」

 身体は語る、触れる、

 揺らぐ、

 いま、ひとつの方向、、

 あたしに火をいれる、見える、揺らぐ、、

 ここから細い時間がはじまって、

 次々に来る、

 次々に出会っていく、、

 私は夏のさなか、

 また海から帰って来る、

 まっすぐに見ている、

 したにふれる、

 熱がする、、

 順番にきこうとする、、

 

 声を立てていた、、

 なに、

 全ての振動によりかかりながら、

 私は増えている、、

 声がここに続いている、、

 私は知った、

 これは全て表情であった、

 先から分かれて、、

 そのジジツへ浮かんでいた、

 日々だった、

 静かに見た、、

 あたまのなかに育った、、

 様子をした、、

 ひとつ泡を知れた、、

 その先に潜るのに、

 んむ、ナニヨウのしざま、、

 ここへ慌ただしく生きて、

 軽々とここへ向かう、、

 私が全部揃って、

 ここを呼吸するのに、、

 一々を知り、

 はてしなく先へ走る、、

 

 ここは泡だ、、

 限りなく音の小さくなった、、

 泡の場所なんだ、

 私は流れた、、

 当たり前にここを見つめながら、、

 過ぎるひとがいて、

 私は溶けていた、

 時刻のなかで完了して、、

 ふるえるだけの存在になっていた、

 身体がある、

 熱を加える、、

 ものが遠いところから来て、、

 私に姿を知らせる、

 あ、

 ひろくまかれて、

 あたしは種に還る、、

 しずかなふるえの要請、

 わずかにたくわえながら、、

 あたりまえにながれてくる月日・・・

<2106>「色を得た連なり」

 微弱な動きに当たり、

 私はそれを吸っていた、、

 それをまともにきいたまま、

 あたしは過ごす、、

 あたしはその回転のなかを生きた

 途方もないという声がきこえた、

 しかしこれはひとつひとつの振動でしかない、、

 あたしはこごえ、

 もののなかに混じる、

 絵を揃えて、、

 そのなかを見つめている、、

 

 どうした、、

 はい、

 私は細い線に乗っているだけだという気がして、

 大変おそろしいんです、

 なに、

 それはそうなのさ、、

 あなたはずっとここに乗ってください、、

 じっとひとつずつを成すのだと知りながら、

 ここの心地へ、

 静かに帰ってきてくださいよ、と言う、、

 あなたがそのなかへ声をするということ、

 私は晴れながら、

 一切のものを見て、、

 ただ時間に触れ、、

 そこから駆ける、、

 そこからまとまって次の時間になっていく、、

 あたらしいヒが見える、、

 そこから先の方へとうたれていく、

 なんだ、

 熱だな、、

 私は次々にまとまり、、

 次々に振るえ、

 あたしのひろがりのなかで、、

 声をさがす、

 あ、

 ものごとがこのヒのなかで起きた、、

 こちらを静かに見つめながら、、

 私は膨らんでいった、

 声をなかまで知りながら、、

 

 私が道を行くとき何か音がする、、

 正確にきけているかどうかそれは分からないが、、

 何度も生まれて、というような、、

 等しい声のするところに、、

 あなたはぼんやりといたのかもしれない、

 あなたははっきりといたのかもしれない、、

 声の輪が膨らんで、

 あたしのなかを駆け、、

 等しくこのものごとを知り、

 私は隅々まで潜り、、

 ヒのありかを伝い、

 私はめくれる、、

 手のひらのなかにすみ、、

 私は色を得る、

<2105>「私は湿し、生まれる」

 火にあって、

 火にないもの、、

 わたしが言葉で誘いかけながら、

 ここに回転するしかないもの、、

 を、

 私は取る、

 自然とそのなかで眠れ、

 声も確かめうる、、

 静かな線に沿い、

 あなたは言う、、

 私はどこに来たのだと、、

 

 私はどこかに来たのではなく、

 どこから浮かんだのでもない、、

 ただ複数線に声をかけ、

 ひとりでその反響を楽しんでいただけなんだと、

 あなたはその視界に居、

 渡りながら声を出す、、

 渡りながらうたを出す、、

 ア、通ったな、、

 もののラインも過ぎ、、

 静かにここに潜ったあなたが、

 かけることば、

 や、

 ふるえる時日だ、、

 あたしは起き上がったばかりだ、、

 生まれる前の状態から帰ってきたばかりだ、

 水で湿す、

 水で生まれ直す、、

 そこここに声がきこえて、

 十分に振りながら、、

 わたしはさわぐ、

 かれらからつながり、

 私は駆ける、、

 私は揺るぐ、

 

 ア、なに、あたたかい手足、

 なんだろう、、

 今見たの?

 こうして、時間はあたらしいの?

 別々の、

 内的なドラマのなかにいるの?

 うん、

 私は湿す、

 身体がここにあるからもののひとつになってここへ溜まる、

 私は姿形をここに見留めて、

 はげしく過ぎるから、、

 手伝って、

 あたためて、、

 パッケージのなかで等しく育ってくれたらいい、、

 なにか声に紛れ、、

 はげしい速度でとんでくる、、

 もののはしからはしへ、

 私はうたいに来る、、

 身体が見えた、

 あたしはひろがっていた・・・

<2104>「静かにものになる」

 また片側から静かに声がする、、

 あなたは細くひらいて、

 この道に応答する、、

 あたしは畳む、

 なにか方向をきき、

 わたしは畳む、、

 この時間はどこにある、、

 わたしは探るだけだけれど、

 そのものを見て、

 陽気に声を掛ける、、

 身体は応え、

 また日にちへと帰る、

 

 過ぎてきたものを見つめ、、

 それはどこだという、

 あれ、

 今から今へ渡り、

 様子を見つめ、、

 私は、

 そのなかで 育ったのだと知り、、

 遠い気持ちになる、

 どこからほうけているのか、

 まったく分からないまま、、

 あなたはここに出て来て、

 今やそこで時刻を回す、、

 それぞれの装いが、

 上手くあなたのなかに見えていて、、

 あなたは走る、、

 走るその軌跡のなかにいくらかいて、、

 あなたは応える、

 私はここに巻かれていた訳ではない、

 数々の印から、

 このなかを知る訳ではない、、

 膨らんだ時刻から、

 次々にここへ来、、

 朝が滑るところへ、

 ひとりで来ている、、

 

 わたしはおそれていた、

 おそれているのなら、そのなかにもっと入りなさい、

 私は恐怖したまま、、

 そのなかに入る、

 なかに入ってみると、どうということはないのだけれど、

 私はここで生きていたのだときき、

 思わず、どうやって、と こたえてしまう、、

 はあ、このなかに、

 流れて、

 なるほどね、、

 私はものを確かめた、、

 また静かにものになる、

 腹を探り、、

 そこに熱を集中させ、、

 私はまた複数になって生まれる、、

 複数になって駆け出す、

 はっきり見えているあなたの、、

 行方が重なって・・・

<2103>「声に水をしませ」

 声のうちにはまり、

 私はそっとその隙間から出ようとする、、

 あたしが絡まり、

 そこからいくらも声を出そうとする、

 ア、

 あなたが地面から真っすぐに生まれていたことは、

 このように、

 私の線を通してきこえる、、

 たくみな時間だね、

 頬を出し、ふるえた、、

 地面から絡まる、

 それで、おもいおもいの方向を見るとき、

 あたしの時刻はあつい、、

 

 なんだか簡単に、

 ここまで滑り出てきちゃったのだろうか、、

 私は一切を知り、

 それから、一切ほどける、、

 どんな声がしたろうね、ここは、、

 私がいくらも回転していれば見える場所なのだろうか、、

 私は声をする、

 声を吸う、、

 あなたが熱になって、

 この場所に組み込まれていく、、

 あ、

 時間という熱は来ていた、

 熱時に次々に手を付ける人たち、、

 あたしは回転のなかにいて、

 とても喜んでいる、

 なにだ、、

 新しい皮膚が育つぞ、

 新しい種子だって、

 順番にきこえることになっているんだ、、

 その隙間から、

 次々あたしに届くことになっていたりするんだ、、

 ひろい場所から、

 簡単に出てきて、、

 この宇宙をこらえ、

 その隙間に次々と声を渡す人、、

 あなたはそのようである、

 どこまでも巻かれて楽しそうである、、

 

 時間に触れて、

 あたしはしびれた、、

 あたしはただしびれかたを学んでいた、、

 漸次、

 身体が向かい合い、、

 あなたのなかで育つ、

 それは一直線の欲望で、

 あなたのなかにもきこえる、、

 私は手を染色する、

 水がきこえるから、そこにかえる、、

 ふとほどける、

 また意識にかえる、、

 また生まれる、

 また水を含む・・・

<2102>「身体のなかに線を招ぶ」

 あたしは他の身体になる訳にはいかず、、

 ここで線の先まで目一杯振るわせて、

 緊張しているのだけれども、、

 あなたはどうだ、、

 ひとつひとつの掛け声がここに眠る、、

 なんでか、

 時間が違うだけで、

 誰にも会わないのが、、

 当たり前なのだけれど、、

 ひどく不思議に思える、

 

 あなたは持っている声をどこから通したの、

 私はきこえるけど、

 あなたの声がきこえるけど、、

 きっと違う太陽は知らない、

 あなたの揺らぎみたいなものが、

 真っすぐに伝わってくるのだけれど、、

 私はこの日にちにどう応えたらいいのだろう、、

 照っていくあなたの、

 なかに紛れて、

 今日も眠る、、

 私はホウとして、

 身体のなかに線を招ぶ、、

 それはあたたかい、

 黙っていてもあたたかい、、

 こんなに生まれてしまって、

 なんだか嘘みたいだな、

 あなたはそう言います、、

 私もそう思うんですね、、

 時刻のなかでひとり興奮しているの、、

 それは分かるでしょう、

 あなたの皮膚が何回にも分けてあたたまる、、

 私は驚いていた、、

 こんな時刻に堂々と来れてしまっていて、

 どこまでも堂々と驚いて行けて、

 なんて丁寧な時刻なのだろう、、

 日が溜まる、

 ア、

 あたしのヒの姿、、

 随分と増えて、

 それからさわぎ出す、、

 いくらも過去から流れ出す、、

 手をソエる、

 

 なんでもないものなんだ、、

 あたしがこうして歩いた地面の記憶などというものは、

 本当になんでもないものなんだな、、

 と、

 ひどく眠りかけ、

 ひどく声をわたし、、

 私はその声のなかまでよく見えるように、、

 さなかへ向かって、

 身体を流した、、

 ぜろの日になるように、

 どこまでも流してみた、、

 私はこんなところで華やいでいました、、

 目一杯のヒに当てられて、嬉しさで・・・

<2101>「静かに生まれた者たち」

 根にさわる感覚、、

 私はそこで巻き、

 いくつもの声を畳む感覚を得る、、

 なにだか、

 じりじりとした響きがたって、

 この正面にもきこえる、、

 あなた、

 そんなところで声をして、、

 なにの渦を作ろうとしているの、、

 私には分からない、

 ただ渦から声がするということだけ、、

 

 人が集まって、、

 この騒ぎを見ている、

 興奮が重なって、

 私はまどろむ、、

 なにだ、

 意識の表面で、

 私は数えられてきたのだが、、

 それもまたここであたたまるのに違いない、、

 ア、

 みな太陽のフリをして、、

 この時刻に駆けてくる、

 大仰な声を出して、、

 地面にひたすらに転がってくる、、

 欠けた道の先、

 あたしはただ、

 数えることが可能な温度になり、

 この光景のなかで踊りを見せるのだ、、

 ア、

 静かに浮かんだ日々の、、

 ひとつずつの香を頼りに、

 私は、来る、、

 姿が、どうしても、来るのを、、

 素直に見つめてみている、

 ア、

 ゆるやかな日にち、、

 私は合わさって、

 ここにきこえ続ける、、

 

 ア、

 しずかに生まれた者たち、

 なぜ私たちは騒がずに、

 ひんやりして、いるのだろうね、、

 私は宇宙を見つめながら、

 そんなことを線的に思う訳だ、、

 どうにかこの回路から、

 声を届けたいと思う訳だ、、

 ははあ、

 こんなにあたたかい場所というのはどこか、

 私は少しでも知っているのかしら、

 身体が傾いて、、

 それぞれの道へひろがりながら、

 言う、、

 なにかいくつも不思議なのだよな、、

 簡単に歩くことはできるのだけど・・・