<2248>「時日の見た目」

 存在の中の、

 事の、、

 見事な回転に、

 あなたは合わさり、、

 あなたは先を見、

 ここで呼吸する、、

 幾度も、呼吸し、

 長く、長くなり、、

 ついで、滲む、、

 またどうしようもなく生まれて、、

 幾度もきく、

 こんな身体を持ち、、

 はっきりと、

 端まで来た、と言える、、

 その心持ちの、

 なかにまで来たと、、

 

 あたしは時間を握っている、、

 ここがどこなのかも分からないまま、

 表情を持って、

 ここに移っている、、

 うん、

 次々に移動する、

 次々に掛け合わされる、、

 ものごとの弾みが、

 ん、

 ざらりとして、、

 あたしは先まできいていく、、

 それぞれできいていく、

 長く生まれるために、

 確かな身体として、ここにあり、、

 その見事な膜、、

 見事な出来上がりかたに、

 ひどく驚いていて、、

 私はまた時日を繰り返し、

 同じ日々の、

 違う身体を作っていく、、

 うん、

 なにがいたろう、、

 静かに触れた人がいたそうで、、

 ある晴れやかな香り、、

 または見た目、

 ひとは順に育つ、、

 滲む、、

 

 ある一定の速さで、、

 私は来たが、

 来たという感じがしないほど、、

 ここは最初から、

 はっきりと私の中にあって、

 それで、私も驚いている、、

 こんなにあたりまえにあるものを、

 静かに見つめられるものかと、、

 ふう、

 そうかそうか、あった、、

 馴染む肌の静まり、、おだやかな流れというか、、

 それだ、

<2247>「風から漏れて」

 集まるのか、、

 私が声をしたそばから、、

 ものごとの続き、

 ひろい場所に、、

 それぞれで住んで、

 それぞれで声をする、、

 なにだ、

 はっきりとした時間へ、、

 あなたは来てください、

 身体をここへくださいと、、

 そう言っているのだろうか、

 ここへ、見えている人、、

 私は角を曲がる、、

 そこからなにが漏れる、、

 私が曲がったことにより、

 何が漏れ、

 何が残る、、

 

 漏れたものも、

 ここに集まってください、、

 私は隅々まで探りますから、、

 あたしが音を後にし、

 ここで過ごす、、

 からだをあつめてくるということに、

 ひとつの振動以上のものを知り、、

 そこからうたいをよこす、、

 そんな姿だと、、

 いまひとことで言えたようだった、、

 ものが続き、、

 ふたつの染みとなり、、

 いまあたりまえの姿、

 ひとつのものの前、、

 からだのなかがわ、、

 じっくり覗いてみてください、、

 私は具体的だ、、

 しかしそれはどこか、、

 遠いところの振動のようでもあります、、

 あ、

 確かなものの、

 いくつもの往復が、ここに、

 ちゃんと育っています、、

 

 私はいちいちめくれて、、

 身体の中に風、

 身体の中の風、と来て、、

 ここらへ当たり前に回転したと思うと、

 そこからしっかりと出てきた、、

 膨らんで、

 あたりまえのようにそこから、、

 うでを組んで、

 あたしはあたたまる、、

 考えが出来ていく、

 少しの振動で、徐々に育って、、

 つながってくる、、

 私は居た、

 転がった先に、なにものかの粒もあり、、

<2246>「快、温度へ」

 そこにいくつもの時刻、、

 私は振れて、

 しずかに、、

 その内側でもはじまりながら、、

 私は各方面に、

 揺れを向ける、、

 揺れから成る、

 私は手を見る、、

 手は生まれる、

 生まれた勢いの、

 その粒からなる、、

 時刻と言えるところ、

 私は声を出す、、

 いくつもの膜になり、

 駆け出す、

 始まる、、

 

 そんなところから、、

 あたりまえに渡って来て、

 一体、

 どう声をするつもりだろう、、

 と思った、、

 私は振り返り、

 その声にかかわった、

 線たちを見ながら、、

 不思議そうにして、、

 こちらへ歩いてくるものにも、

 等しく声をかけて、、

 簡単にあらわれていた、、

 あ、

 まっすぐに、

 時刻に集まり、、

 身体を続けて、

 身体を受け、

 ひとつの、

 はげしさのなかに帰る、、

 からだの快のなかへ帰る、

 

 あたしはものを見るのに、

 どこか、

 ぼうっとしてきて、、

 気がついたら、

 違う時刻へはじまっている、、

 そのそれぞれがここにありました、、

 私は戸惑って、

 順に声を、

 ここへさしたりしていましたが、、

 分からない、

 分からない鈍さ、、

 このまま、こうして、、

 もう少しにぶくなろうかしら、、

 などと思ふ、、

 はじまった時刻へ、

 もう少し波を寄せてみようかしら、、

 身体のそば、、

 具体的な温度の人・・・

<2245>「種と朝」

 種は、ひとりで終わりを待っている。

 私は、夜を担いでいく。

 種は、種で、終わりを待っている。

 ちょっと。

 ちょっと。

 種は、待ってくれないか。

 同じ朝のために。

 ・・・

 同じ朝のために、もう一度だけ、待ってくれないか。

 そして、

 もう一度生まれてくれないか。

 一度だけの朝のために、また、

 私を、落としてくれないか。

 そうしたらまた夜を担いでいく。

 終わりを待っている、あなたのために。

<2244>「日のなかで、悲しいのだろうか」

 おそらくあなたは、

 簡単に浮かんだはずで、、

 簡単に浮かんだまま、

 ここらを、、

 静かに通ったはずで、、

 ものごとが、あたりまえに、、

 私のなかで生まれ、

 私はそれを過ごし、、

 始まる、

 日に、始まる、、

 

 あたしは悲しいのだろうか、、

 いいや、

 なにかそんな話は、、

 今はじめてきいたというような気がする、、

 私は生まれたばかりで、

 この場所へ流れてきて、、

 まったくそれぞれに、

 浮かぶ粒の泡を、、

 見て、

 きいて、

 育てる、、

 なにか分からないものを摑む、

 そうじゃないか、、

 決して摑まされたとは言えない、

 摑みに行ったとも言えない、、

 しらぬまに、手の中にあって、

 それを不思議だと思いながら、

 やはりゆっくり馴染ませて、、

 そのそれぞれに、、

 均等に生んで、

 私は、そこのそれぞれに、

 静かに並んだままになる、、

 あ、

 しずかな太陽は駆けて、、

 今にひとつの身体、、

 私はまとめて、

 もののなかへ、

 

 この静かさが、何でもないときと、、

 大変な重さであるときが、あり、、

 私は暮らし、、

 そのなかで、いろいろと工夫を重ねて、

 しかしその中身には触れない、、

 あたしは風の温度を確かめるだけ、

 ここと一緒になるだけで、、

 ものも次第に明らかになりながら、、

 からまる、、

 あ、

 時刻が、、

 次々に絡まる、、

 私は行方を追っている、、

 この、

 身体の行方を、、

 順番にこの場へきこえる、、

 私の行方を・・・

<2243>「男が、時間の中に立っている」

 あたしはその視線に紛れて、、

 いまや、

 簡単に生きている、

 生活というのはなんでもないものだ、

 現実で、

 現実の言葉を話そうとして、

 まったく沈黙してしまう、、

 微笑みで、沈黙してしまう、

 私には生活がある、

 しかし、

 その流れのなかで、

 生きているものごとの、、

 音の、

 頼りとは一体、、

 

 男が、時間のなかに立っている、、

 このまま立っていても、

 当然人間は変化する、、

 でも、

 ずっと変わらないっていう、気がするでしょう、

 そうなんですよ、、

 私はどこに行きたいのかも分からない、、

 小さな頃にとおった、

 あたりまえの小道がある、、

 知っている店がある、

 それらは当たり前に閉じる、、

 だんだんくさや花が多くなる、、

 私は呼吸をする、

 しばらくその時間に立ってみている、、

 そうだ、

 呼吸も、生も、、

 なんでもないものではないのだが、、

 確かにそう感じさせる、何かもある、、

 ずっとあたしは零の人になりたかった、、

 あそこで、

 ひとり列から外れて、、

 道の中であたたまっていたころから、、

 

 雨がふっている、、

 雨がふっていて、

 男がひとり立っている、、

 時間のなかで、

 まわりの現実を忘れて、、

 より、うん、より、、

 文字に近づいたな、

 例えば過去の時間と、

 会うことは嬉しい、、

 しかし、妙に落ち着いている、、

 この時間はなんだ、

 と思って、、

 静かにさびしくなることがある、、

 私は、、

 歩道や、

 人々の声のなかに、、

 上手く身体を溶かして行こうとする、、

 あなたも、そうする、、?

<2242>「現実が、夜より暗いとき」

 現実が、夜より暗いとき、

 私は、

 目を、開けているのか否かが分からず、

 ただ、

 風が暖かいことだけを知る、

 現実が、夜より暗いとき、

 私は、

 湿った布団の中に

 転がり、

 こんなに呼吸をするまでに、

 水がいくらも必要になったのだろうと、

 目覚めて思った、